2016/09/01(Thu)
平成28年8月2日、最大時間雨量は121ミリだったそうです。
あらためて、水位が気になります。

▶ 庄内川左岸 名古屋市西区枇杷島橋付近(新幹線上流側)
▶ 庄内川 西枇杷島水防センター
▶ 新川大橋
▶ 新川橋
▶ 五条川

定点でそれぞれが観測されていますが、
残念ながらこうしたインターネットから観測できることをご存じない、
また行政もそれを十分にPRしていない、出来ていないのが現実です。

それこそ風雨が強いのに高齢者が現地に出向いて転んで大けが押したなどとならないように、
また地域での日頃からの対策・対応を考える上からも、
こちらからもしっかりと眺めることが出来ることを知らせるべきです。

但し、これだけにとらわれないことも重要。
日頃から、地域の自治会などと連帯して、早めの非難も重要です。

ちなみに、この時に随分と局地的な豪雨がありました。

言い換えると、
少しばかり離れた地域では、小さな清須市でも状況も異なります。
であれば、当然ながら対応も違います。

第一に、行政からの指示を待っていると困ることも出てきます。
あくまで、自主防災ということ、自己防衛を忘れずに。

 
2013/09/04(Wed)
新川大橋 新川左岸上流側の様子 19:00頃

2013-9-4 19:00

新川大橋上流側 19:00

2013-9-4 19:00

清須市土器野地先にある新川監視カメラの様子 20:40

新川土器野地先、新川左岸

2013/08/22(Thu)


kiyosu Muvie をシェアしました。
思ったよりも新川の川底はきれいなんですね。

現状を知れば、対策が見えてきますが、今後どうなるんでしょう。
2013/08/07(Wed)
2013年8月7日18時49分ごろ

新川大橋の向こうに夕日が沈むのが見えます。
満潮時間と重なっているのでしょうか、水位は高いままです。
2013/08/06(Tue)
2013年8月6日12時半ごろ 2013年8月6日12時半ごろ

朝方の雨の影響でしょうか、水位が高いです。
東海道本線の鉄橋の向こう南側の雲は何やら怪しげな天気を思わせる雲です。

今年は全国的にも一時的な豪雨があるなど、天気が不安定な地域も多いようです。

2012/06/20(Wed)
今日の新川は台風4号の通過した後でしたから、どんな様子なのでしょうか?

2012-06-20-9:48 台風4号の後

どうやら歩道部分にまで水位は達していた様子・・・・
散歩するには上流から流れてきた砂などをよけて歩かないといけません。

2012-06-20-9:48

新川大橋下流の真ん中あたりには、
まだ上流の田んぼなどから流れ出たと思われるような草なども下流へと流れていきます。

朝の満潮が5:44、干潮は12:29の間の時刻ということもあって、
下流側へと流れて行きました。

2012-06-20-9:48

9:48頃という時間帯にも関わらず、右岸堤の交通量は多いようですが、
川面は昨晩の雨から一夜が明けても、すっきりと晴れ渡る太陽を映し出す絶好の日和とはいきません。

きょうはうっすらと日中に太陽が出ればいい方なのでしょうか?

女子力アップ アンモナイト

2012/03/11(Sun)
新川大橋2012-03-11-1

13:45頃の新川大橋下流側の様子です。
川面はいたって静かです。

干潮の時間でしょうか、護岸の石が表れています。

新川大橋2012-03-11

左岸堤には工事車両が停車していました。

何やらまた堤防工事が・・・と思いきや、新川大橋の下を跨ぐ、
東邦ガスの配管の取り換え工事なのだといいます。

更に、右岸堤と脚を進めると鷺がいました。

カメラに収めよとした途端に飛び立ってしまい、左岸に行ってしまいました。
人の気配が良く分かるんでしょうか・・・・

新川大橋2012-03-11

2012/02/21(Tue)
新川大橋2012-02-20

春に陽気に誘われて、ミネラルウォーターの美味しい水を片手に持ちながら、
久方ぶりに新川大橋下流を覗いてみました。

この時間は干潮の加減で、左岸・右岸が共に石肌が見えていて、川面は高くありません。

新川大橋2012-02-20-2

新川大橋2012-02-20-1

右岸は下流部で助七樋門撤去工事の為に、歩道が未だに通行止めです。

下の写真は、右に新しく稼働している助七ポンプ場。

左手の工事現場が、旧の助七地区の排水を担ってきた樋門後で、
現在はそれを撤去し、堤体を補修する工事が行われています。

新川右岸助七樋門2012-02-20

年度内に終わるのでしょうか?

いずれにしても、この陽気は春が待ち遠しいですネ(^^



2011/12/27(Tue)
新川大橋右岸下流に通行止めの標識が・・・・

旧助七ポンプ場埋め立て工事通行止め

その下流を見てみると旧助七排水機場の撤去なのか、埋め殺しなのか分かりませんが
工事が行われています。。。。

旧助七ポンプ場埋め立て工事

右手に見えるのが一昨年工事が完了した新設の助七ポンプ場

その手前に・・・鴨が泳いでいます。

鴨

2011/11/22(Tue)
新川右岸で事故がありました。

背丈の高い車が入り込まなようにゲートが設けられていましたが、
どうしたことか、そこは進入時にはくぐりぬけてきたようなんです。

そして、
国道22号の橋をくぐり、さらに反対から来る車両用なのでしょうか、
そこから出る際が上り坂だったからでしょうか、
ゲートにぶつかりました。

新川右岸の大型トラック事故

既に2~3時間経過していたようですが、
付近を通過したらこのありさまでした。

当初は、新川国道22号線を降りて、新川右岸を下流に向かう予定でしたが
急遽直進することになってしまいました。

周辺にも進路をふさがれて、Uターンする車も見かけます。

近所の方の話では、
大きな音がしたけどこんなことになっているとは、知らなかったと…

しかし、
気になったのは、「よくあるんだわ~」とおっしゃってました。

新川右岸の大型トラック事故1

この写真の坂道入口には進入禁止を示すように、
テープが張られていました。

もう少し下流側には警官が、車が左折して現場に侵入しないように立っている念の入れようです。

いやはや、随分と周辺にも影響を及ぼした事故でした。

大型トラックのドライバーにみなさん!
気を付けてくださいね。