2011/09/20(Tue)
2011-09-20は台風15号の影響から庄内川上流の豪雨の影響で
著しく増水し、清須市では午前中はあまり雨が降らなかったにもかかわらず
庄内川は上流で随分と激しく降ったらしく、大きく増水しています。


しかしこの時、五条川では午後2時20分ごろはまだJR東海道線の鉄橋下道路は冠水していません。

五条川2011-09-20


庄内川は午後に入ると一段と増水し、名古屋鉄道の余裕嵩に余裕がなくなっています。
下は夕方6時近くの庄内川ですが、
清須市では市内全域に避難勧告が14:13に出されていました。

ちなみに下の庄内川の写真は夕方6時ころです。

庄内川2011-09-20増水


9月20日の愛知県下の避難勧告の発令は、下記の通りです。

10時45分 避難準備情報 天白川(名古屋市天白区、緑区、南区、瑞穂区)
11時20分 避難勧告に変更 ⇒ 18時00分 避難勧告解除
11時20分 避難準備情報 扇川(名古屋市緑区)
11時48分 避難勧告 土砂災害(名古屋市緑区の一部)
11時55分 避難勧告 庄内川 (名古屋市北区、守山区)
12時28分 避難勧告 春日井市玉野町ほか
13時40分 避難勧告 土砂災害(名古屋市守山区、名東区、天白区)
14時00分 避難勧告 河川洪水(名古屋市西区、中村区、中川区、港区)

14時13分 避難勧告 清須市全域

15時00分 避難指示 庄内川(名古屋市北区、守山区)
15時15分 避難勧告 瀬戸市上松町ほか
15時45分 避難勧告 大治町八ツ屋ほか
15時45分 避難勧告 小牧市野口大山ほか
16時15分 避難勧告 あま市下萱津山地区
16時24分 避難勧告 北名古屋市二子地区ほか


北名古屋市が全域ではなく、個別に対処した避難状況でしたが、
清須市が全域であったことへの住民からの批判もありました。

同様のことが名古屋市の区ごとの避難勧告でもあったようです。


一方、新川は午前中は周辺地域では雨量が少なかったこともあってまだ洪水敷にまで達していませんでしたが、
午後に入ると雨脚が強まり、あっという間に水量が増えました。

下の写真は夕方五時過ぎの状況です。

新川2011-09-20

下の写真は同じく夕方五時過ぎですが、東海互応水害の教訓からでしょうか、
左側の堤防には周辺の企業や個人の車がびっしり駐車されています。

新川2011-09-20-1


愛知県の発表によれば、被害は以下の通りでした。

1) 住家被害
ア 床上浸水 2棟(幸田町1棟、長久手町1棟)
[最大7棟](岡崎市5棟、幸田町1棟、長久手町1棟)
イ 床下浸水 9棟(西尾市1棟、幸田町5棟、長久手町3棟)
[最大24棟](岡崎市15棟、西尾市1棟、幸田町5棟、
長久手町3棟)

2) 道路被害
ア 損壊 20か所(名古屋市17か所、岡崎市1か所、瀬戸市2か所)
イ 冠水 60か所(名古屋市26か所、安城市3か所、日進市1か所、
尾張旭市7か所、清須市1か所、東郷町2か所、長久手町20か所)

3) 河川被害
越水 3か所(名古屋市1か所、瀬戸市1か所、安城市1か所)

2011/09/03(Sat)
台風12号は四国を通過したが、この日はまで上陸前だったというのに、 結構風なども強かった。

新川の国道22号下流左岸

国道22号下流の新川左岸に立つ旗もご覧の通り。

5月の台風2号時の時のような、洪水敷まで水が上がることはなかったようですが、
川面も白波こそ立っていませんが、風が強く、下の写真のように波立っています。

2011-9-3阿原橋下流左岸

下は新川大橋から下流を見ているもので、ほぼ同時刻の撮影ですが、時折強く吹いたりしていました。
角度によっては、波をあまり感じませんが、平生の鏡面のように見えるものと比べるとよくわかります。

2011-9-3新川大橋下流

下は更に下流側で、JR東海道本線に列車が通っています。

2011-9-3新川大橋下流1

その対岸側には助七ポンプ場がありますが、風などでゴミなどは吹き寄せられています。

2011-9-3助七ポンプ場付近

ところで、清須市はこの日警報は出ませんでしたが、
名古屋気象台による清須市の警報・注意報の基準はこの通りです。

ぎっくり腰 視力回復トレーニング

2011/07/31(Sun)
2011-07-31 18:53 新川大橋下流

今日の水面は随分と高いですね。
川面は静かですが、これだけ高いと何やら不気味な高さ…

2011-07-31 18:53 新川大橋下流

左岸には草も茂っています。

2011/06/03(Fri)
このところ遊歩道を歩き機会がありました。
ふと足元に目をやると、結構な鯉の大群が流れに向かって泳いでいます。

ただし、排水口・・・・クリックしてみて下さい。
2011-06-03-11:00頃

鯉が大群

結構、目をこらさないと見えないかもしれませんが、排水口からだ汚れた水が出ています。
鯉というのは、こうした習性があるのでしょうか?

助七ポンプ場排水口
2011/05/30(Mon)
台風2号が接近した昨日とは違って、きょうは晴れています。 12:20頃の様子です。
新川大橋右岸上流部の遊歩道に上流から流れてきたのでしょう、葦やそれにペットボトルなどが絡まっています。

2011-05-30(月)新川大橋右岸上流

遊歩道の安全確保は清須市の役目ですが、まだ対応していますようです。
新川大橋下流側を右岸側から見ると空がきれいに、気持ちよく晴れています。
昨日気になっていた浮遊物はそのままの位置に留まっています。

2011-05-30(月)新川大橋下流側

下の写真はいつも通り新川大橋人道橋中央あたりからの写真です。
昨日と打って変って穏やかな川の様子です。

2011-05-30(月)新川大橋下流1

2011-05-30(月)新川大橋下流左岸 2011-05-30(月)新川大橋下流右岸

2011/05/29(Sun)
台風2号の影響で、雨を伴って風も強さを増してくるようです。
下記の写真は14:00前後の様子です。

2011-05-29(日)

新川は増水し、国道22号線の車道橋、人道橋も通常より随分水嵩が高くなっています。
また、新川左岸の堤防が強い風で靡いています。
わたしは傘を差していましたが、飛ばされそうな勢いです。

2011-05-29(日)阿原橋

下流側の阿原橋から下流部の右岸に絵が描かれていますが、水かさが増して絵に届くところまで来ています。

2011-05-29(日)新川阿原橋下流右岸

下は、県道名古屋祖父江線にかかる新川大橋上流右岸側です。

2011-05-29(日)新川大橋上流右岸

さらに新川大橋の下流は下の写真のようにご覧のとおりの状況です。
右岸左岸共に清須市が遊歩道を設置していますが、愛知県が河川を管理するのとは別に、
遊歩道の安全管理する義務が生じていますが、特に遊歩道に降りる為の階段にトラ柵があるのも見かけませんでした。

2011-05-29(日)新川大橋下流側

こんな天気だから、まさか誰も遊歩道には足を入れないということでしょう。
あるいは、自己責任での対応を促しているのでしょう。

2011-05-29(日)新川大橋下流左岸 2011-05-29(日)新川大橋右岸下流

右岸の様子をアップにすると何やら浮かんでいます。
こんなに大雨でも流されていかないのは、どこかに引っかかっているのでしょうか?

2011-05-29(日)新川大橋下流右岸1

明日はどんな天気なのでしょうか?台風一過で晴れ?

2011/05/20(Fri)
下の表は、いつもの干満を記したものだけではなく、毎時の潮位も示しています。 平成23年5月 名古屋 干満表

当然ですが、新川はその影響を受けて水面が上下しています。
今日はどうでしょうか?

干潮時に近い時間帯なのでしょう。
自転車が捨てられているのがよく見えます。

2011-05-20

場所は、国道22号線下流側にある阿原橋と県道名古屋祖父江線の新川大橋の間の新川左岸側です。

2011-05-20 阿原橋

上の写真の一番した中央程に自転車のサドル部分が認識できると思います。
その上流部の橋が阿原橋です。

そういえば新川には随分と自転車が捨てられている?のを見かけます。

盗難車なのでしょうか?
あるいは、不要な自転車を持ち主が捨てているのでしょうか?
それとも、大雨などで上流のどこかから流れ着いたのでしょうか?

いずれにしても、こんな大きなゴミは廃棄するにも手間がかかります。

2011/05/19(Thu)
上の写真は、本日平成23年5月19日 18:13頃、愛知県の県道名古屋祖父江線にかかる
新川大橋から下流を望んだ写真です。

2011-05-19 18:13 新川大橋から

下の写真は、ほぼ同じ場所から平成23年3月4日 14:14ごろ写したものです。

2011-03-04 14:14 新川大橋から

潮の干満による影響は、時間によっても違いますが、何となく川面が明るいような気もします。
季節のの違いでしょうか、空が打ちしだす様子も違う気がしますが・・・・

ところで、3月に完成した新川左岸の遊歩道ですが、一番手前に犬を連れた方の様子がちょっぴり伺えます。

新川左岸の遊歩道 11-05-19

当初は小学校への通学用に整備され、長年経過する新川右岸では、
陸上クラブにでも初ずくしているのでしょうか? 或いは、陸上大会にでも出場するのでしょうか?
母子でトレーニングしていましたよ。

写真は、女子が走る姿がポツリと写っていますが、ちゃんと新川大橋の下でタイムを計測していたような雰囲気。
ほほえましい姿でした。いい結果が出るといいですね。

新川左岸の遊歩道1 11-05-19



2011/05/18(Wed)
新川をよみがえらせる会」をはじめとした住民の努力の賜物でしょうか?

こんなに多くの鯉を発見しました。

これまでも鯉を見ることは、しばしばありました。
でも、こんなに多くの鯉が集まっているのを見るは初めてです。


鯉が生息

季節的な鯉の習性によるものなのでしょうか?
あるいは、新川の浄化が多少なりとも進んできたことによるものでしょうか?
清須市は、下水道普及率0%、上流の北名古屋市も4~5年前から供用開始がされたばかりです。

下のタンクは「新川をよみがえらせる会」が、
新川などの河川や生活用水を浄化する為にEM菌を培養している場所の様子です。

新川をよみがえらせる会2

このタンクから小分けしたり、搬送したりすることだけでも大変そうです。

新川をよみがえらせる会3

「継続は力なり」といいますが、モチベーションが上がらないと何事も継続も難しいですよね。

でも、こんな鯉を見ると住民も嬉しくなりませんか?



2011/04/24(Sun)
日曜日とはいえ、年度当初の慌ただしさが残るころでしたが、
昨年に引き続き、新川と五条川のクリーン大作戦が行なわれました。

新川の桃山橋に集合し、新川と五条川の美化活動と今後の啓蒙しようというものです。

主催は「新川を読みがえらせる会」です。
下の写真は、同会代表の加納祐一郎さんです。

加納祐一郎代表

この写真は、日頃の活動として新川やその排水路などにEM菌を散布したりされていますが、
その培養をしているところです。なかなか、手間暇がかかりますね。

新川をよみがえらせる会1

ところで、このクリーン大作戦には私は町内会の清掃の為に参加できず、写真もありません。

しかし、興味のある方は、是非一度、日常活動にご参加頂いては如何でしょう。