2011/02/17(Thu)
藤高土地改良区は七島ポンプ所、藤高その2ポンプ所に加えて、ここ藤島その1ポンプ所も管理・運営しています。

藤高その1ポンプ所 藤高その1ポンプ所2
  ※ 上は、堤防側からの写真





下の写真のようにゴミも吹きだまりに寄せられています。
一方、上の左手の写真は、粗大ごみの集積所にでもなっているのでしょうか?

藤高その1ポンプ所1 藤高その1ポンプ所3
  ※ 上は、堤防側からの写真




周囲の生活環境に大きな変化があることをうかがわせる写真です。

2011/02/16(Wed)
新川大橋 から下流を撮影、9:38~39頃

今日の新川2011-2-16今日の新川2011-2-16-2今日の新川2011-2-16-1

今日の午前中の干潮時間は、10:49で、撮影した時間には下流に向かってゴミなどがゆっくりと流れていました。
ちなみに干潮の潮位は89cmと発表されています。
2月の午前中の干潮の潮位が最も高いのが133cmですから、干潮にしてはやや高めでしょうか。

2011/02/16(Wed)
名古屋市中川区の助光ポンプ所で、新川に配するポンプ所としては最大級のポンプ所です。

名古屋市助光ポンプ所

下左の写真は新川堤下の排水口ですが、新川を流れたゴミが排水口付近に集積してきています。

名古屋市助光ポンプ所1 名古屋市助光ポンプ所2

上の右の写真は堤防から撮影、下の写真は住宅が立ち並ぶ堤内地からのものです。
撮影位置は新川左岸の上手から下手に写しています。

名古屋市助光ポンプ所3

2011/02/15(Tue)
名古屋市中川区の伏屋ポンプ所は、愛知県立冨田高校の前に架かる人道橋の新川の上流左岸に位置します。

名古屋市伏屋ポンプ所

堤内地をみると周辺は住宅が密集していますが、そこに大きな排水機設備があります。

名古屋市伏屋ポンプ所1  名古屋市伏屋ポンプ所2





所在地: 名古屋市中川区伏屋4丁目(管理者:名古屋市上下水道局)

排水機: 排水面積125ha
口径:1500M/M 出力:850E 台数:1機 排水量:毎秒5.00立方メートル
口径:1500M/M 出力:780E 台数:1機 排水量:毎秒4.58立法メートル
口径・  900M/M 出力:240E 台数:1機 排水量:毎秒1.80立方メートル


2011/02/15(Tue)
今日はクリスマスならぬ、バレンタインデー。(撮影時間23:16~25頃)
夜になると、結構な雪に見舞われました。新川を通る国道22号線の人道橋中央から下流を望みました。

雪は2月には降りやすいようですが、雪が似合うのはクリスマスをイメージしてしまいませんか?

2011-02-14国道22号

ところで、今日の干満潮は以下の通りで、下の写真は新川大橋からのものです。

満潮
3:39 163cm 14:20 167cm

干潮
8:54 125cm 21:27 36cm

一日の川面の位置がもっとも動かない2月の一日は13日ですが、
その翌日ということもありさほど大きな変化は感じない一日といえるようです。

2011-02-14新川大橋 2011-02-14新川大橋2

新川の県道名古屋祖父江線の左岸側からの様子ですが、新川大橋の袂は雪が積もりがちでしたが、
人道橋の部分はこんなに雪が降るとさすがに滑りやすくなると怖いのではと思います。

特に、自転車などは朝方などの雪等が凍った時間帯には安全に通れるか心配です。

2011-02-14新川大橋1

新川の川面は2月12日の撮影時とあまり変わらない高さのように感じませんか?

※ 夜間撮影に慣れてないので、露出を普段より大きくしたら手ぶれが大きすぎて苦労しました。

2011/02/14(Mon)
新大治橋の左岸側に八ツ家第一排水機場があります。
ともすると見落とすほどの小さな排水機場です。

大治町八ツ家第一排水機場1 大治町八ツ家第一排水機場

新大治橋は堤防に差し掛かる随分距離を置いて新川を斜めに左岸堤から右岸堤下流側へ斜めに走っていますが、
その手前の下流側に位置したポンプ場で、大治新橋に沿うように坂道がありますがその下にあります。

大治町八ツ家第一排水機場2


新大治橋左岸側の高架下には少々生活が出来るような座椅子や生活道具と思しき用品がつみあがっていました。
誰かが生活している様子ですが、いつから住みついてしまったのでしょうか?

大治町八ツ家第一排水機場3
2011/02/13(Sun)
名古屋市が設置した万場ポンプ所は堤防道路から堤内地に入ります。
右は、ポンプ場周辺の水路ですが、汚れがひどいようです。ゴミ、ヘドロのようなものが随分と溜まっています。

万場ポンプ所 名古屋市万場ポンプ所3
下の左手の写真は、上の写真とは反対側から捉えています。
万場ポンプ所の位置関係は下の右の写真から、右側が堤防道路側、即ち新川の右岸を下手から撮影しました。
それぞれ坂道があるのは民家への出入り口で、その間に見られるのは排水管でもあるのでしょうか?
コンクリートの構造物が見られます。

名古屋市万場ポンプ所1 名古屋市万場ポンプ所2
2011/02/12(Sat)
水面の位置がかなり高めですね。撮影時間は、14:53頃

名古屋港の2011年2月の干満潮から今日を見ると、

満潮
10:43 163cm

干潮
4:23 114cm
18:46 68cm

2011-2-12-1453

即ち、干潮の水面が高いのが見お手取れます。
特に夕方の干潮水面は2月3日、11日と並んで高く、最も低くなる干潮時でも68cmもあります。

2011-2-12-1454

2月19日には、逆に-19cmと低く、満潮時には243cmにもなるとか。
最も写真は綺麗に取れそうもありませんが、挑戦してみる価値はありそうです。

満潮 6:50 18:47 の2回
干潮 0:30 12:43 の2回

4回とも見てみたいとは思いますが・・・・

2011/02/12(Sat)
新川大橋右岸の左が下流側、右の写真は上流側の遊歩道の今日の様子です。

2011年も2月初旬の様子ですが、上流部には歩行の領域にも管理が行き届いていないせいか、
あるいは頻繁に遊歩道もちょっとした雨でも水をかぶるのか、土が覆いかぶさっていました。

新川遊歩道  新川遊歩道1

いったん作った構造物の管理をボランティアだけに任せるには、限度があります。
余分な構造物は増やさないような配慮も必要なのでは・・・・。

2011/02/11(Fri)
大治町砂子第一排水機場です。新大治橋と万場小橋の間の新川左岸でやや万場小橋よりに位置してます。
右の写真は、対岸川から見たところで、左の写真は水門橋から堤防道路を挟んで砂子第一排水機場を写しました。

八ツ屋第二排水機場 八ツ屋第二排水機場3

下は堤内地にある排水機の諸施設で、集塵機なども見えますが、排水路部分が薄汚れた感じになっています。

八ツ屋第二排水機場1 八ツ屋第二排水機場2






右の写真の所に周辺住民のゴミ出しの指定場所にもなっているようですが、トラ柵が壊れているのが気になりますね。
こういうのは簡単に廃棄や修理が出来ないのでしょうか?