2011/02/02(Wed)
庄内新川橋 

庄内新川橋は、国道23号線が通る橋で、手前側の新川と向こうの庄内川を一挙に渡り切ります。
真ん中にはこんな堤防道路が見られます。

庄内新川橋1
2011/01/28(Fri)
新川の河口を見ようと、まずは、名古屋港にやってきました。2011-1-26
たぶん名古屋西大橋が新川の河口なのだろうと思いつつ・・・・

名古屋中央大橋2 名古屋中央大橋1

名古屋トリトンと呼ばれる名古屋東大橋、名古屋中央大橋、名古屋西大橋のうち、

名古屋市国際展示場「ポートメッセなごや」

のある地域を周回して名古屋中央大橋を望めるところに出ました。

名古屋中央大橋 名古屋中央大橋ループ

名古屋中央大橋料金所を通過すると、大きなループに差し掛かります。(右上の写真)
何だか怖いくらいの高さに向かって走っていきます。高所恐怖症で、おっ~怖っ!

名古屋西大橋1 名古屋西大橋





一旦高速に乗ってしまうとどこが名古屋中央大橋で、どこから名古屋西大橋なのかがさっぱり分かりませんでした。
帰り道は飛島インターチェンジで降りて一般道を帰ってきましたが、これが大渋滞。

清須市自宅に戻るまでに1時間以上近くかかったのではないでしょうか? 疲れた~!

2011/01/22(Sat)
昨年末の12月21日(火)の午後、新川河口の様子です。
護岸壁の修復工事が行われていました。新川の向こう見える三角屋根は稲永公園の施設のようです。

新川河口

ここらあたりがラムサール条約湿地として認定されている藤前干潟なのでしょうか?
下手右の写真が活動センターです。年末が近いせいでしょうか、人影は感じ取れませんでした。

新川河口1ラムサール条約湿地藤前干潟 活動センター

工事の方の更に向こうに名古屋港三大大橋の一部が見えます。

名古屋港横断三大大橋は名古屋トリトンとも呼ぶようですが、
それぞれに名港西大橋、名港中央大橋、名港東大橋と称されているようです。

2011/01/21(Fri)
新川もここまで下ってくると堤防ひとつ隔てるだけの庄内川と接しています。

南陽大橋1南陽大橋
2011/01/12(Wed)
日の出橋です。
右の写真は橋の袂の様子ですが、常駐的に船が係留されている様子が伺えます。

日の出橋日の出橋の不法係留

上記の写真の撮影場所から日の出橋の交差点をそのまま横断しようと思いましたが、
この写真をクリックして下さい。何と通行制限があり、事実上行きどまりでした。

日の出橋1

仕方なく、日の出橋東の交差点を左に庄内川を見やりながら右折し、されに下流に向かうことにしました。

日の出橋2

2011/01/09(Sun)
撮影は2010-12-21-13:00頃です。

下之一色のメインストリートである本町通りの南端には、新川に掛かる両郡橋があります。
両郡橋の名は、愛知下之一色町と旧海部南陽町(現:名古屋市港区)を結んでいたことからこの名がついたとか・・

両郡橋

現在は仮設橋のようですが、何やら中途半端ですね??

両郡橋~仮設橋

この両郡橋の左岸上流部の袂には水害から堤内地を守る為に、防水扉が設置されています。
いざという時には愛知県はとても管理できず、その管理は地元の人に委託されていると伺いました。

両郡橋~仮設橋1

2011/01/06(Thu)
三日月橋の右岸下流側には巨大ショッピングセンターが見えます。国道1号線のようです。
国道1号線といえば東京日本橋を起点にして、愛知県では豊橋市、岡崎市を経由して、この三日月橋を通過、
更に三重県、四日市市へと続いていきます。

三日月橋

舗装なども真新しく、橋梁が完成して間もない様子ですが、この三日月橋はどうやら交通量の多さに対応したのでしょうか。
即ち、古かった片側一車線の橋を道路拡張を伴って橋梁も新たに広げたということのようです。

三日月橋1

その様子がよくわかる写真が下の写真です。手前車線が新しいのに対して、向こう車線は橋柵などが古いようです。

三日月橋2
2011/01/05(Wed)
新川大橋と今日の新川2011-1-5右の撮影は12:21です。

川面が下がっていて、
新川大橋の橋脚の形状がよく見えます。
今日の新川2011-1-5

上の写真は新川大橋を渡った右岸上流部、即ち右の写真の右側あたりにある排水口です。

ここに来るとさすがに臭いのですが、何やらゴミのようなものもあったり、泡のように見えますが洗濯水なのでしょうか、
右岸下流に泡が川面を漂っています。

今日の新川2011-1-5-1

上の写真は2枚の写真を合成してみました。撮影場所は新川大橋の下流側歩道中央あたりから下流方面を捉えました。

2011/01/02(Sun)
JR関西線です。単線なんですね。
JR関西線鉄橋3JR関西線鉄橋2


















右の写真からはよくわかりませんが、左の写真と比べてみると
保線のための橋の柵が設けられてい\て、人が歩けるようになっています。

JR関西線鉄橋1

橋脚はその歴史を感じさせるような、古めかしさがそのまま残っています。

2010/12/31(Fri)
近鉄本線鉄橋の更に下流に榎光橋が見えます。撮影は2010-12-21-12:07頃

榎光橋

昼という時間帯でもあるせいか、交通量はまばらです。

榎光橋2

しかし、近鉄本線に寄った榎光橋上流部では左岸側にこんなゴミが見受けられます。


榎光橋1

名古屋市西区や北名古屋市、清須市などの新川上流部ではこんなに汚れていません。
上流の人は下流のこの惨状に目を覆いたくなるのでは・・・・