2012/02/21(Tue)
新川大橋2012-02-20

春に陽気に誘われて、ミネラルウォーターの美味しい水を片手に持ちながら、
久方ぶりに新川大橋下流を覗いてみました。

この時間は干潮の加減で、左岸・右岸が共に石肌が見えていて、川面は高くありません。

新川大橋2012-02-20-2

新川大橋2012-02-20-1

右岸は下流部で助七樋門撤去工事の為に、歩道が未だに通行止めです。

下の写真は、右に新しく稼働している助七ポンプ場。

左手の工事現場が、旧の助七地区の排水を担ってきた樋門後で、
現在はそれを撤去し、堤体を補修する工事が行われています。

新川右岸助七樋門2012-02-20

年度内に終わるのでしょうか?

いずれにしても、この陽気は春が待ち遠しいですネ(^^



2010/11/28(Sun)
新川・五条川に設置された清須市内の監視カメラ新川の監視は、東海豪雨水害を受けて愛知県下の河川に
設置されていますが、右の図は愛知県が管理する河川に
設置されたカメラの位置を示しています。

愛知県のホームページの反応が悪く、旨くリンクできません
ので、掲載できませんが、新川やその支流ともなる五条川
に設置されていて、川に挟まれた地域であることを今更
ながら水の怖さを地図の上からも感じられるものとなって
います。

そこで、北名古屋市に掲載されている監視カメラのうち、
新川に注ぐ電車川と鴨田川のカメラを拾って見ました。

・ 新川・電車川排水機場
http://www.city.kitanagoya.lg.jp/moshimo/camera/shinkawa/

・ 新川に注ぐ鴨田川・鴨田橋付近
http://www.city.kitanagoya.lg.jp/moshimo/camera/kamoda/

ちょっとした集中豪雨でも、すぐ上流の様子が気になるときには
見ておくとよいといえます。

2010/10/17(Sun)
新川監視カメラ-県道名古屋祖父江線新川橋県道名古屋祖父江線の名古屋よりの
新川橋のたもとに2000年(平成12年)9月12日の
東海豪雨災害を契機に流域上流などでの豪雨時
などに遠隔から監視できるよう設置されました。

ここばかりでなく何箇所かにあるようです。

その取り組みの結果、以前に比べれば
豪雨時等の情報も取りやすくなり、
避難勧告は出し易くなったのでしょう。

全国的に見ても極めて小さな面積の清須市でも、
・庄内川
・新川
・五条川
の三河川が流れています。

また、同時に主要どうとなる国道22号線や
この県道名古屋祖父江線に加えて、
JR東海道線や名鉄本線、名鉄犬山線、名鉄津島線が走り抜けていて、名古屋駅から近いという利便性はあるものの
町づくりがしにくく、地域の往来も踏切や橋を渡らなければならない点では、課題も多いといえます。

その意味で、なかなかこの時代に難しい面は多いわけですが、
地域コミュニティを強固にして、防災に強い町を作ってもらいたいと思います。